金融、経済のお話

【投資信託】楽天ポイントを使って先進国株式インデックスファンドをつみたて投資はじめました【2020年1月】

Pocket

どうもさびやんです。

 

今回は楽天ポイントを使って、楽天証券で先進国株式をつみたて投資しはじめた話を書いていきたいと思います。

楽天証券で買い付けた先進国株式とは?

さて分散投資の一環と、楽天ポイントのダダ余りを受けて、実は今回全世界投資を突然復活させました

 

全世界投資の考え方に関しては、別な記事でまとめておりますので、そちらをご覧くださいね。

銀行預金金利との差は30倍以上!?超々ローリスクな投資戦略とは?

そのうえで今回ご紹介する、楽天ポイントを使って買い付けた銘柄のうちの一つは、実は以前もつみたてしていたこともある投資信託の【たわらノーロード先進国株式です。

 

おっと流行りのeMAXIS Slimシリーズじゃないのか、と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、コスト重視の投資家をやっている僕だったら、普通はそちらを選びますよね。

 

ですがこれには、とあるしょーもない理由があるのです。

 

※ちなみに全世界投資をするにあたっては、今回の銘柄も含めて3つの投資信託にポイント投資をし始めました。

他の銘柄については、順次記事として上げていきますね。

なぜeMAXIS Slimシリーズではなく、たわらノーロード先進国株式を選んだのか

なぜeMAXIS Slimシリーズではなく、たわらノーロード先進国株式を買い付けることにしたのかですが。

まぁぶっちゃけて言ってしまうと、みんなeMAXIS Slimシリーズ選んじゃってるから、自分は違うやつにしとくかーという、なんともめちゃくちゃな理由ですはい笑

 

ま、運用会社を分散させる意味もあるっちゃーあるんですけどもね。

ほら、全部が全部同じ運用会社だとあれでしょ?

 

ですので、言ってしまえばeMAXIS Slimシリーズ以外だったらある意味なんでもよかった部分もあります。

ランニングコストが安ければって話ですけども。

 

ぶっちゃけ、0.00何%の手数料の差を意識して投資対象を選ぶのに、あんまり意味があるように思えないんですよね。

極端な話、10000円増えるか、10001円増えるかだとしたら、もはやどちらでもいいじゃないですか。

増えるなら。

 

いやそれが、絶対に1円多くもらいたいって人だったら別ですよ。

でもたかだかその程度の差しかないものに、そこまで時間を取られる必要ってないと思うんです。

 

ということで、そういったごくわずかな手数料の差を無視して、あまのじゃくさびやんはたわらノーロード先進国株式を選んだわけです。

全世界投資をするっていうなら、このたわらノーロード先進国株式への投資比率はどんなもん?

さて、全世界投資をするうえでは、どの投資対象にどの程度資金を振り分けるかが重要です。

んで、このたわらノーロードには2割の1000円分つっこんでおります

 

ここから計算するとすぐわかりますが、楽天で買い付けている投資信託は毎月5000円分のポイントです。

その買い付けているうちの一つの投資信託が、eMAXIS Slim米国株式(S&P500)でして、これに僕は毎月2000円投資しております。

【投資信託】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)をポイントで自動買い付け資産運用はじめました【2020年1月】

ですので、厳密には日本株、先進国株、新興国株の投資信託を選ぶことでできる全世界投資戦略が正しく、それに僕はS&P500を強引に付け足して、全世界投資カスタムバージョンとしています。

ゆえに、正規の全世界投資とは厳密には違うのでその点はご了承ください。

 

S&P500にはそう考えると楽天で買い付けに使っている資金の4割が投資されております。

これとたわらノーロード先進国株式を足し合わせて合計3000円、つまり6割の資金が先進国に投資されていると考えられます。

 

さて、ここまで書いておいてなんですが、ふと全世界投資の投資比率おかしくないか?と疑問に思ったかた、あなた相当勉強しておりますね。

素晴らしい。

 

そうです、全世界投資をするにあたってポイントになるのは、その投資比率のバランスです。

理想となるのが先進国8、新興国1、日本1のバランスです。

 

でもそうすると、お前のバランスおかしくね?ってなりますよね。

 

――おっと誰だ、お前の頭のバランスがおかしくねって言ったやつは。

―――うん、よくわかったな!(認めていくスタイル

 

ということで、ちょっとその辺も解説しておきます。

全世界投資をするのに投資バランスがおかしいことに関して

現在、先進国株式への投資比率は6割ですので、正規の全世界投資としては比率が足りないんです。

これには理由があって、そもそも僕の全資産の投資比率が米国株に寄っているので、それに合わせて比率を下げていることが原因です。

 

つまり何が言いたいかというと、資産的に米国株に寄ってるのに、投資信託でも寄せて行ってどうすんの?リスク分散してないじゃん?ってことですね。

 

完全に全世界投資戦略に準じてやってもいいのですが、それをやるには今の保有している資産バランスに対して結構リスクが高いと感じています。

いくら試すと言っても、そこまでリスクをかける必要性もないかなぁって思うのです。

一番大切なのは、僕のお金が安心安全に増えることですからね笑

 

ということで、本来の全世界投資の投資比率とは違いますが、この形でしばらくは続けていく予定です。

おわりに

今回楽天ポイントを使って、全世界投資をしていきます。

とりあえず楽天ポイントが無くなるまでは続けて行こうかなと思っております。

その第一弾(厳密には第二弾)が今回のたわらノーロード先進国株式って感じですね。

 

さてさてどこまで増えるでしょうか(または減るでしょうか笑)

楽しみでなりません。

 

もともとお金じゃなく楽天ポイントですから、気持ちはなんとなく楽です。

もっとも、ポイントも一種の価値あるお金ですから、そういった意味では無駄には出来ませんけどね。

1円たりとも無駄にはしない精神で頑張って投資信託かっていきますねっ

 

…と言っても、全自動だから頑張る場面なんかないけれども…

 

ではではノシ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-, , ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5