日記みたいなコラム

花粉症を撲滅するために小麦(グルテン)を食べない実験をすることにした

Pocket

みなさんは、花粉症を患っていますか?

毎年2月頃になると、花粉症を心配しはじめる季節となってきますよね。

 

管理人であるわたくしさびやんも例にもれず、毎年この時期、花粉症に悩まされています。

しかも、どうも年々悪化して言っているような気がしております。

まさに負のスパイラルにハマってしまっている状態ですね。

 

花粉症の何が一番つらいって、とにかく無限に鼻水が出続けることです!

さっきティッシュでかんだと思ったら、その5分後にはまた鼻水が出てくるんです。

鼻をかんですっきりリフレッシュ!…も、たった5分しか持たないのはただただつらいっす。

 

どんだけティッシュを無駄に消費したかわかりません。

花粉症は環境破壊につながっていると言っても過言ではありませんね!

 

毎年毎年そんな感じで花粉症に悩まされている僕ですが、そろそろいい加減抜け出したいと思うんです。

 

しかし、どうやったら花粉症から抜け出せるのでしょう…

 

そこでふと、最近あることに気付いたのです。

 

その気付いたこととは、…自分はもしかして、

小麦の取りすぎで花粉症になってしまっているのでは?

ということです。

 

今回の記事は、そんな身体に悪影響を及ぼす小麦について考えていきたいと思います。

小麦に含まれているグルテンが身体に悪さをしている?

色々と調べていくと、小麦に含まれているグルテンという物質が、身体に悪い影響を与えているという研究結果がたくさん見つかりました。

 

そもそもグルテンとは、小麦粉などに含まれるたんぱく質の一種で、グルテニンとグリアジンが水を吸収して網目状に繋がったもの、のことをいいます。

 

グルテンが身体に与える影響について調べてみた

そこで、具体的にどんな影響が出やすいかをネットを徘徊して、ざっくりとまとめてみました。

・寝起きが悪くなる

・花粉症が悪くなる

・栄養の吸収を悪くする

・身体がむくむ

・太る

・イライラする

・グルテン中毒になる

・胃腸が弱る

 

などなど

調べれはもっとたくさん出てきそうなのですが、きりが無くなるのでこの辺で。

小麦のグルテンを摂取しすぎが花粉症の原因なのではないか?

さて、このラインナップの中の一つ、グルテンを摂ることで花粉症が悪くなる…という部分が、もしかして自分にも当てはまっているんじゃないか…と思ったのです。

 

であれば、特に僕が普段からひっきりなしに食べていた小麦が使われている食品、具体的にはパン食を辞めたら花粉症が改善されるのでは?…と思ったのです。

 

ということで、そんなパンに始まる小麦粉を抜く生活、『グルテンフリー生活を実施してみよう!』と思ったのです。

 

その結果として、花粉症が楽になるのならそれに越したことはないですよね!

花粉症の原因は杉の植えすぎって噂はどうなの?

花粉症が増えている原因が、小麦粉のグルテンなのでは?という話を書きましたが、そもそも巷では、杉の植えすぎによる花粉の飛散量の増加だと言われています。

 

戦後の木材需要の増加により、成長が早い針葉樹林である杉を大量に植えました。

その結果として、山々には杉が増え、結果として花粉の量も増えているのは事実です。

 

しかし、『花粉症が増えた原因が、本当に杉が増えたせいだけなのか』を僕は昔から疑問に思っています。

もちろん、花粉の量が増えるということは、花粉症になる人の数は相対的に増えるのが当たり前です。

 

でも一度考えてみてほしいのですが、僕たちは生まれた瞬間から、木々に囲まれた中で生活しています。

 

当然、そんな国で育ってきているのですから、花粉とも共存していたはずです。

もし仮に花粉症があったのなら、昔から叫ばれていたはずです。

 

しかし、現代になればなるほど、花粉症の増加が叫ばれています。

 

そもそもとして、昔と今で大きく変わったものといったら何があるのでしょう?

 

そこで思い当たる節が、この食生活の欧米化による影響なのではないかと思ったのです。

そしてその欧米化のなかでも、最も日本人に受け入れられているもの、それが小麦を母体としたパン食です。

日本人の食の欧米化と花粉症との関係を考える

先に言っておきますが、エビデンスも何もありません笑

エビデンスとはつまり科学的根拠です。

あくまでこの考え方は、僕が勘で書いているだけなので、そこは注意してください。

 

それを踏まえたうえで、この食の欧米化の結果、日本人が花粉症になりやすくなってしまったのではないか?という疑問が浮かんだのです。

 

まとめると

『欧米化した食事を辞め、日本古来の食べ物や小麦(グルテン)を取らない食生活に替えてみたら、花粉症が改善されるんじゃないか?』

と考えました。

 

そこで、小麦を摂るのを辞めてみようと思ったのです。

 

しかし、そうは言ってもこの世の中、原材料に小麦を使われている食品だらけです。

そりゃあもう恐ろしいぐらいに小麦まみれですよ。

 

ざっと上げると

パン、ラーメン、うどん、パスタ、クッキー、ケーキ、菓子パン、しょうゆ、みそ、ピザ、そば(10割そばは別)、やきそば、からあげ、カレー、あれやこれや

多すぎる…これだと、むしろ食べられるものを見つけることが困難そうです。

 

とにかく、やってみないことには始まりません。

おわりに

ということで、これからグルテンフリー生活を始めていくのですが、小麦粉の話は調べれば調べるほど奥が深いです。

 

例えばこのグルテンが、腸に悪影響を与える結果、体調を悪くしている…などの研究結果が出ています。

 

こういったこともこれから調べてまとめていきたいなと思うのですが、とにかく僕は花粉症が収まってくれればいいのです。

 

もちろんその過程で、他の部分でも改善がされるのなら、それに越したことはありません。

もともと健康オタクですから、むしろありがたいことですね。

 

このグルテンフリー生活については、今後もブログのテーマの一つとして書いていきたいと思います。

 

このブログは投資関連の記事がメインなのですが、そもそもとして健全な精神にこそ健全な魂が宿ると考えています。

 

つまり、いくらお金があっても身体が健康でないと、心から楽しいと思える生活は送れないってことですね。

お金と健康は切っても切り離せないテーマです。

むしろここをおろそかにしている連中が非常に多いのが実情です。

 

お金を稼ぎつつも、身体もしっかり健康である!そういう生き方をこのブログでは目指していきたいと思います。

 

それでは、今後のブログ記事もお楽しみに!

 

 

そうそう、超一流手テニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手が実践したのがまさにこの「小麦抜き食事法」だったそうです。

この内容に関しては、僕の得意分野である書籍で出ているので、興味がある方は是非下から調べてみてくださいねっ

ジョコビッチの生まれ変わる食事


ジョコビッチの生まれ変わる食事 新装版

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記みたいなコラム
-, ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5