金融、経済のお話

外貨積立預金を始めるなら、住信SBIネット銀行をおすすめする6つの理由とは

Pocket

前回の記事で、外貨積立のお話を書きましたが、そのために僕が全力でおすすめする銀行として、住信SBIネット銀行をご紹介しました。

 

そもそもこの住信SBIネット銀行に関しては、他の記事でも書いておりましたが、色んなメリットがあります。

 

特に、投資信託を積み立て中、またはそろそろ積み立てしようかな~と考えているあなただったら、同じSBIホールディングであるSBI証券を使っていれば、そのメリットを最大限利用できちゃうと思うのです。

というかそもそも、メリットがないと人は普通おすすめなんてしませんからね笑

僕が外貨積立預金は住信SBIネット銀行をおすすめする6つの理由

さて、話を住信SBIネット銀行に戻しますね。

外貨積立預金を始めるのに、住信SBIネット銀行を僕がおすすめする6つの理由をサクッと書いておきます。

ちょっと文章が硬いのはご愛敬笑

おすすめその①:外貨積立の場合、為替手数料が非常に安い

住信SBIネット銀行は、業界でもめちゃくちゃ低い為替手数料です。

特に米ドルの場合、通常の外貨預金だと4銭ですが、積立の場合は2銭で始められます。

他の通貨では、ユーロであれば1ユーロあたり13銭ポンドだと1ポンドあたり28銭ですみますので鼻血が出るほどお得です!(出してはいけません

これが、大手銀行である東京三菱UFJ銀行だと、米ドルは25銭ユーロも25銭かかり、ポンドだと50銭もかかってしまいます。(むしろこっちは鼻水が出る…いやなんでもない

おすすめその②:毎月500円から始められる

投資をするのに何万もお金がかかるっ!なんて言われて、よしわかった払おう…と出来る人ってなかなか限られていると思うんです。

実際、株や為替をやろうとすると、最低50万はあったほうが良いと言われています。

でも貧乏人には、もちろんそんなお金を準備することは(内臓を闇で売らない限り)不可能です。

 

ですが、住信SBIネット銀行はそんな貧乏人生を地で生きている我々にとって、救世主ともいえるべき銀行なんです。

 

なんと住信SBIネット銀行で外貨積立預金を始めると、最低金額が500円というワンコインから始められるのです。

ですので、貧乏サラリーマン貧乏サラリーウーマンや、何なら年中金欠大学生だったとしても、簡単に始められます。

もちろん、僕みたいな貧乏投資家でもなんとかやれますよっ

おすすめその③:銀行口座内の資金から自動的に引き落としして買い付けてくれる

人間って、できるだけ楽に生きたい生き物じゃないですか。

毎回毎回ゴミ袋を捨てに行くのも面倒だし、ゲームに熱中してるとご飯を食べるのも面倒、なんなら呼吸すらしんどい状態です(問題発言

もうね、いっそ何もかも全自動になってくれないかなーって思うのが人間ってもんです。

 

そもそも、人間って楽をしたいために進化してきましたからね。

だから、今回の外貨を買い付けるのにも、毎回買い付け指示を出すのとかもっての外ですよね。

そんな煩わしい作業を完璧になくしてくれるのがこの自動買い付け機能です。

口座にお金が入っている限り、エンドレスワルツよろしく買い続けてくれます。

 

ポテチを食べながらでも勝手にやってくれる…最高かよ!(クズ発言

おすすめその④:毎日、毎週、毎月の指定日と、細かく買い付ける日を設定できる

この日は子供を塾に連れて行かなきゃ…、この日は家賃の振り込みをしなきゃ…、この日はあれをしなきゃこれをしなきゃ…

 

ああもう、あれもこれもとかったるい!

 

自分が決まった日時にそれをやらないと話が進まない人生ってどうなんでしょう?

もはや無駄な手間、無駄な時間だとそろそろ気付くべきです。

 

そういった無駄な手間、無駄な時間を省くために新しい方法を模索する必要がありますよ。

 

それと同じで、外貨積立ももし決まった日時で買い付けをしようと考えているなら、この住信SBIネット銀行では、具体的に毎月この日に買い付けるなど、細かく設定ができます

 

そうすればもはやあなたは、毎回PCやスマホから入金指示をする手間から解放されます!

ビバ、自由時間!

 

ポテチを食べながらでも勝手にやってくれる…こいつも最高かよ!(クズ発言なおほぼコピペ

おすすめその⑤:定期的に買い付けるので、ドルコスト平均法によりリスクが分散される

ドルコスト平均法とは、簡単に言えば円高になったら多く外貨を購入でき、円安になったら少なく購入し、その平均買付単価を抑えるという投資戦略

 

そもそも、誰だって危なそうなことはやりたくないもんです。

特にお金がらみは怖くって手を出しにくい代物です。

 

人間心理では、何かを得たときの快楽より、何かを失う時の心の痛みの方が振れ幅が大きくなると言います。

恋愛でいえば、付き合い始めたときのテンションMAX具合よりも、別れ話をされたときの落ち込みようの方が何倍も『心に来る』そうです。

ゆえに、その痛みを負いたくないので、そいつがどんなにクズ男だったとしても、別れにくくなるんですよね…

 

外貨を買うということは、円高円安の影響をもろにかぶります。

円安の時に大量に外貨を買った後、急激に円高になってしまったら、それだけで大きな為替差損により、自分の資金に大きなダメージを受けてしまいます。

冒頭に書いた通り、そんな話を聞いたら、怖くて怖くて魂が震えるっ。

 

ですが今のご時世、全資産を日本円で持ち続けることは非常に危険だと言います。

何が起きるかわからないのがこの世界で、いつなん時日本という国が借金まみれで破産するかもわかりません。

ゆえに、ノーボーダーという考え方が非常に大切で、全世界に渡って資産を保有すること、言い換えれば地球資産を持つことが、よりリスクを抑えた資産運用といえます。

 

つまり、日本円で持ち続けることこそ、めっちゃ危険だよってことですね。

 

とはいえ、為替差損が怖い…という方のためにある戦略が、このドルコスト平均法なんです。

時間分散という考え方と利用して、極端な円高や円安時にも積み上げ続け、リスクに対してうまく対応していけるのです。

また、長いスパンで買い付けて行くので、100年時代を生きる僕たちにとっては、非常に有利な戦略でもあるんですよね。

※100年時代については別記事で語っていますので、そちらをご覧ください。

おすすめその⑥:SBI証券と連動できるので、積み立てた外貨を簡単にSBI証券の口座に移動ができる!

何事も無料、即時移動に高い価値があります。

住信SBIネット銀行で積み立てた外貨は、無料でかつ、即時にSBI証券に反映させることができます。

 

例えばどこでもドアが開発されたら、どんだけお金を積んでもいいから欲しい!っていう人はたくさんいるでしょう。

きっとあの大富豪ビルゲイツですら、くいっと眼鏡を上げながら『希望の数字を書いてくれたまえ』とか言って、白紙の小切手を開発者に提示するという、ドラマのワンシーンでよくみられる光景を実行しかねません。

僕だったら200億って書いちゃいます。

ちょっと控えめです(えっ?

 

もっとも、どこでもドアを開発されたら、旅をしている感触はゼロになるので面白くはないですが…

 

つまりそれだけ、移動にかかる様々なコストを排除できるツールや仕組みには、非常に高い価値があることになります。

 

ですから、SBI証券で急に外貨が必要になった時、連動している住信SBIネット銀行から即座にお金を動かし、使うことができるのは非常に大きなメリットだと言えるのです。

 

だから、連絡したらすぐに会える女には、色んな意味で非常に高い価値があるのです(クズ男発言

おわりに

とまぁこんな風に、住信SBIネット銀行で外貨積立預金を始めるには、実に色んなメリットがあるんですよ。

 

ですので、外貨積立を始めたいと思っているあなたならば、迷わず住信SBIネット銀行の口座を開設しておくことをおすすめします。

ましてや、これから投資を始めたいと思っているのなら、同時にSBI証券も口座開設をしておくことをおすすめします。

いやむしろ、両方をセットで考えたほうが、何かと便利ですよー

 

そして実はこの積立戦略の先には、とある戦略があるのですが、これはまた別な記事で書きますねっ笑

 

それではっ


投資初心者でも簡単に始められる資産運用方法のまとめ集へ戻る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5