日記みたいなコラム

小麦(グルテン)を抜き始めて1か月が過ぎた身体の変化を大公開!

Pocket

以前の記事で、グルテンフリー生活を始めました的な話を記事にしました。

気付けばもう1か月が過ぎようとしています。

 

結果どうなったかというと、あれだけ酷かった去年の花粉症の症状が、今年は随分緩和してる気がするのです。

 

もちろん、まったく花粉症の反応がないわけではなく、しばらく外にいるとちょろっと鼻水が出るなぁ…という程度はあります。

とはいえ、ティッシュボックスを手元に置いていないとやべえ…ということは全くなく、何なら室内に入ってしまうと、何事もなく症状が治まってしまいます。

なにやら良い感じかもしれません。

 

そもそも以前の記事では、小麦粉の中に含まれてるグルテンが身体に悪さをしてるんじゃないかというお話を書きました。

具体的に言えば、口から入ったグルテンが腸の壁に張り付き、腸壁を傷つけてしまい、結果として腸に穴を開けてしまうという研究結果があるそうです。

 

実はそんな腸内環境を整えてあげることで、体全体にいい影響を与えるというのです。

つまり、腸内環境を悪くしていたグルテンを摂るのをやめれば、腸内環境がいい方向に向かうということですね。

 

もちろん様々な要因の中の一つがグルテンってだけで、じゃあこれを摂るのをやめたからといって、他の腸内環境を悪くしてしまうような生活を送っていれば、意味がないわけで。

 

とはいえ、僕はグルテンフリー生活を始めるぜっ…と決めた後、極力小麦を摂るのを避けてきました。

特に、今まであれだけ食べていた大好物のパンとラーメンを、綺麗さっぱり辞めました。

また、同時に超健康食事生活も実施しております。

 

この超健康食事生活に関しては、別な記事でお話しますね。

ちらっと具合を言うと、身体はすこぶる調子がいいですぬ。

 

話を戻して、グルテンを摂るのを辞めた結果プラス、そのほかの腸内環境を整えるような生活をしたため、この花粉症の影響を低く抑えられている可能性もあります。

 

ですので結論としては、グルテンフリー生活を送っているから花粉症が収まっているというよりは、腸内環境を整えるために身体に悪さをしていた小麦を摂るのを辞めた結果良くなっている…なのかなって思っております。

 

やっぱり毎年つらい症状が出る花粉症は嫌なもんですし、できればなりたくないもんです。

こうして1か月グルテンフリー生活を送ってみまして、超主観ではありますが、身体がいい方向に向かっているような感じはします。

 

通年であれば、4月いっぱいまで僕の身体は花粉症で反応していて、去年なんかは抑える薬をもらって飲んでいましたが、今年はもしかするとそこまでならないんじゃないかなぁ…と淡い期待を抱いております。

 

もしこれで花粉のピークでも超元気だったら、マスクを投げ捨てて、暖かい中でロードバイクを走らせてみて…いやあ、サイコーですねっ(プラシーボ効果による症状の改善の可能性もあり

 

それではまた次の記事でお会いしましょう~ノシ

 

そうそう、このご時世色んな所で小麦が使われているけど、しょうゆにも入ってるのって知ってました?

なもんで、僕はこれを使っています。


サンジルシ醸造 グルテンフリーだししょうゆ 300ml×4本


――!今回の内容に関連した記事を3つご紹介!――

■ もしかしたら花粉症の原因は小麦(グルテン)の摂りすぎじゃないかって話
> 花粉症を撲滅するために小麦(グルテン)を食べない実験をすることにした

■ 身体の調子を整えたいのなら、清涼飲料水を飲むのも疑った方が良いかも
> スポーツドリンク等の清涼飲料水は出来れば飲まない方が健康に良さそうって話

■ 100年時代を生きると考えたら、不健康のままだとヤバいよね
> 書籍「LIFE SHIFT」を読んで思う、100歳を超える人生の生き方とは

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記みたいなコラム
-, ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5