金融、経済のお話

【FXトレード】首の皮一枚は残っているのか+1.0pips【2019年8月16日】

Pocket

誰だって負けたくないと思うのです。

案外、負けず嫌いって多いと思うんですよね。

 

かくいう自分もそういう性格なのですが、それがあだとなってしまうのがトレードの世界です。

 

そのせいか、危険な綱渡りをしているような気がしてしまう、そんなトレードでした。

2019年8月16日のトレードを振り返る

今回は合計4つのトレードを行いました。

順々に振り返っていってみます。

ユーロ円5分足でのトレード

画像はユーロ円5分足のチャート。

この画像では2つのトレードを載せております。

MAの下に相場が来ている時の逆張りロングと、相場が上昇している中での逆張りショートです。

ピンクの円のラインを軸にして、5分足確定後にトレードを開始しています。

 

それぞれ逆張りトレードって所が、完璧にダメな奴ですね。

 

いやーこの辺の癖はなかなか抜けません。

なぜトレンドと逆にトレードをしてしまうのか…

 

いや、理由はわかっていて、トレンドと逆=大きく取れるチャンス、と頭で理解しているからですね。

 

人間は過去に起きたことをベースにトレードをしますから、つまり過去にこれと同じようなトレードでいい思いをした記憶があるので、いまも繰り返してしまうのだと思います。

 

ところが統計を取ってみると、良い思いをした以上に、おそらくは悪い思いをしているはずです。

いい思いばかりをしているなら、お金が増えているはずですからね。

 

その事実があるのにもかかわらず、なぜトータルで負けるとわかっていることを、人は繰り返してしまうのでしょう。

 

それは、人間の感情が、都合のいい場面しか覚えていないからです。

都合の悪いトレードこそ覚えておかなければいけない

今回の様なトレードを繰り返しているということは、悪いことは記憶の片隅にも残っておらず、いい場面だけを思い出して、トレードしてしまっているのだろうと推測できます。

 

けれど肝心なのは、その場面でどんな悪いトレードをしたのかを覚えておかなければ、一生勝てるようにはならないんじゃいかと思うのです。

 

今回でいえば、単純に高値、安値にヒゲがヒットしたことを基準にしてトレードをスタートしています。

けれども、これだけの条件でトレードしてしまっては、トータルで負けてしまうはず。

ですので確度の高いトレードを目指すためには、もっとしっかりとした条件付けをしなければなりません。

 

そのために、今回の様なトレード分析ではお金は増えないということを、常に肝に銘じておかなければいけないですね。

ドル円1分足でのトレード

画像はドル円1分足です。

タイミングとしては、5分足が陰線出来るのを待っていました。

その陰線確定後に反転上昇するのがよくある流れです。

 

ですので、あとはロングを打ち込むタイミングを1分足で見ていました。

 

そこで1分足のMAで反応して上昇してきていることを確認して、ロングを打ち込んでみました。

 

その後は順調に上昇し、含み益が10ピップスを超えたあたりで利食いをしました。

実際はその倍程度伸びたので、ホールド出来ればよかったんでしょうが、これが今の僕の実力でしょう。

 

今回のトレードのお陰で、先ほどこさえた損失を見事に帳消ししてくれました。

まさに首の皮一枚繋がった感じです。

ちなみに、もう一つのトレードとしてオージー円をロングしましたが、ほぼ伸びなかったのといい加減寝たかったので微益で決済。

大勢に影響は与えませんでした…

 

メモ

2019年8月16日の損益

+10円の利益

資産増減

2255円⇒2265円

おわりに

今回のトレードはギリギリ何とかプラスに終わりました。

とはいえ、今週のトレードは基本的に壊滅状態です。

最後の日がプラスで終われたことが、不幸中の幸いだったかもしれませんね。

 

来週ことは、週プラスで終わりたい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5