金融、経済のお話

【米国株投資】高配当株のAT&T【T】がめちゃんこ値下がりしてきたから手動で買い増ししたよ【2019年11月21日】

Pocket

どうも~さびやんです。

 

今回は毎月買い付けしているAT&T【T】株を、11月分として手動で買い増ししてみたよって話です。

AT&T【T】を37.27ドルで1株買い付け

今回はAT&T【T】株を37.27ドルで1株買い付けました。

日本円で大体4000円ぐらいになりますかねぇ。

 

これで僕のAT&T【T】株の持ち株数は4株になりました。

ちな、平均取得単価はSBI証券では36.48ドルって書いています。

 

元々毎月定期買い付けしているので、当然今月も買うことにしていたのですが、実はとある事情で自動で買い付けできていませんでした。

 

とある事情って何かというと、深刻な問題が起きたように聞こえますが。

 

なんてことない

買い付け資金不足

ってやつです笑

 

そもそも僕は基本的に、住信SBIネット銀行から、その都度ドルを移動させているのです。

ですが今回事情により、資金移動が間に合っていませんでした。

 

とある事情っていうか、ぎりぎりに振り込めばいいだろ?という舐めくさった根性でいたのです。

 

そしたら、なんか資金不足ってエラーが出ていまして、買い付け失敗していたのです笑

むしろ自動買い付けしなくて正解だった?AT&T【T】の大きな値下がり

とはいえ、実は意外と自動的に買い付けしていなくて正解だったかもなのが、今回のAT&T【T】でございます。

その理由は、チャートから説明できます。

AT&T【T】日足テクニカルチャート

※Investing.comより転載

最新のローソク足が21日になるのですが、見ていただく通り、めちゃんこ落ちてきていたのです。

 

なんかどっかのアナリストが、AT&T【T】の評価はもっと低いぞ…的なことを言ったとかなんからしく、この下落が起きたという雰囲気です。

ブルームバーグだかでちらっとそんな記事を見たので、ニュース的にはあってると思うんですけど、それを理由に下落したかと言われると知らんところ。

 

それはさておき、とにかくちょうど落ちてきている中で自動買い付けしてると、あらぬ高値で買い付けてしまう可能性があったわけです。

 

だもんで、それをうまく回避できた?ってことは、ある意味で良かったのかもしれません。

 

今回大きく下落をしていましたが、実は相場は節目の位置に来ていたのです。

次の日、チャートを確認したところ、黒の横線ラインで反応して終わったのがわかりました。

36.78ドルのラインですね。

 

こういうラインのことを、相場の節目というんですが、こいつがテクニカル的に目先のサポートラインになると考えます。

んで、21日の夜に、適当なタイミングで成り行き買い注文を入れて、今回の買い増しに繋がります。

 

結果、37.27ドルで買い付けが出来たって感じですね。

 

本当は、この36.78ドル付近で買い付けできていればよかったんですけど、SBI証券の指値注文の仕方がよくわからず、またこのラインはその時は引いていなかったこともあり、結果として手動で注文となりました。

 

ま、結果論を語っても意味がないんですけども、割と誰でも見れているラインだと思うので、テクニカルトレーダーとして長年やってきた身としたら、それが出来なかったことが残念ですが笑

今後のAT&T【T】の投資戦略を考える

さてさて、今回は色々ありましたが、なんだかんだで無事11月分のAT&T【T】株の買い付けが完了したわけです。

 

元々高値圏内だと前から言っていたので、こういう下落はやっぱり起きたときにも問答無用で買い付けできるメンタルが大切です。

引き続き、相場の様子を見ながら、買い増ししていきたいと思います。

 

てことで報告終わりっ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-, , ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5