金融、経済のお話

米国株の最低売買手数料撤廃は少額購入で悪さできちゃうかもな話

Pocket

我々貧乏投資家にとってこのたび、超絶朗報となるニュースが舞い降りてきました。

なんとなんと、米国株の売買にかかる手数料が撤廃(0米ドル~)となるニュースが飛び込んできたのです。

※以下ドルと書かれている表現は、全て米ドルのことです。

 

実は今までは、米国株を売買しようとすると、ほとんどの証券会社が売買手数料は0.45%(税抜)、一回の取引で最低5ドル(税抜)がかかっていました。(最大は20ドルまで)

1ドルの株を買っても、100ドルの株を買っても、最低5ドルがかかっていたのです。

 

そのため、投資資金が少ない人にとっては、米国の株式市場はめちゃくちゃ不利で、一度に大きなお金を入れられるお金持ちが圧倒的に有利な投資市場でした。

 

そんな敷居の高さに絶望し、貧乏人がお金持ちになるチャンスを潰されてしまっていたのが、今までの時代でした。

 

ところが2019年の7月。

そんな高い高い壁が、脆くも崩れ去ります。

なんとなんと、高い敷居の元凶となっていた最低売買手数料が、突如として撤廃されることになりました。

震源地はネット証券各社でした。

米国株の最低売買手数料が7/22から各社0米ドルになる模様

SBI証券、楽天証券、マネックス証券の3大ネット証券は、米国株の売買にかかる最低売買手数料を、7/22より撤廃(0ドル)します

 

時系列を追っていきましょう。

口火を切ったのは、楽天証券でした。

7/5のニュースとして、7/22以降、米国株の売買にかかる売買手数料を0.01ドルに改定すると発表。

するとマネックス証券は7/8に、楽天証券と同じ0.01ドルの最低売買手数料に同7/22から改定すると発表。

そして7/9、今度はSBI証券が、同7/22から最低売買手数料を撤廃すると発表します。

 

そのニュースを受けて、7/10、楽天証券とマネックス証券も撤廃に踏み切ります。

 

結果、3大ネット証券は、7/22より最低取引手数料が撤廃された状態で再スタートを切ることになったわけです。

表にすると…(しなくてもいいかもだけど)こんな感じです。

 

米国株について SBI証券 楽天証券 マネックス証券
最低取引手数料(税抜) 0ドル 0ドル 0ドル
取引手数料(税抜) 約定代金の0.45% 約定代金の0.45% 約定代金の0.45%
上限取引手数料(税抜) 20ドル 20ドル 20ドル

7/15現在調べ。7/22米国現地約定分より採用予定

いやはや見事に横並びになりましたね~

 

それもそのはず、有利な証券会社があれば、当然そっちに移ります。

特に米国株の手数料が抑えられることは、ダイレクトに投資家の利回りに影響が出ますからね。

 

その結果としていい意味で競争が生まれ、最低取引手数料の撤廃を契機に、日本に住んでいることでやりにくかった海外投資が、より身近になるように感じますね。

 

それにしても、投資家としてはこうした競争はありがたいことではありますが、いかに他社に出し抜かれないようにするかの心理が透けて見えるので、『顧客奪われないようにと各社慌ててんなぁ…』と、ひとりで楽しんでいたりもします。

米国株の最低売買手数料撤廃を受けて合法的に悪さできそう?

米国株式の最低売買手数料が撤廃されることで、米国株投資の敷居がとんでもなく下がります。

ということは、ちょっとした悪さをすることもできそうになってきますよね~

 

SBI証券で採用されている米国株は、2170銘柄あります。
※7/15現在調べ

そのため、大型株や中型株、場合によっては小型株にまで投資がしやすくなったということですね。

 

ということは、株価が極端に低い、意味不明な米国株にも投資しやすくなったということです。

 

や、もちろん財務諸表とかをしっかり見たうえで買い付けることが大切ではありますが、少額だけを使って、ゴミみたいな株で遊んでみることができるわけです。

 

つまり少額でも株が売買できるということは、みんな大好き有名株を買うだけではなく、ネタ株で遊ぶことができるってことですね。

 

いや、そういう遊びいらないし…もっと普通でいいし…というご意見はごもっともですし、その通り以外の何物でもないんですけど、生粋のあまのじゃくである管理人は、そういう遊びにも惹かれてしまうのです笑

 

ゴミ株ポートフォリオとかも面白そうです。

全部まっかっかを楽しんでみてもいいんじゃないでしょうか。

 

そのなかで、突如として大爆発する株が…もしかしたら生まれるかもしれません。

そんな悪さ?も小額投資がやりやすくなることで、合法的にできちゃうのです。

 

ということで、新企画。

『ボロ株ウォーズ』

を始めてみようかなって思います笑

もちろん、米国株の中でも怪しげな株への投資資金は極限まで減らしますけどねっ笑

おわりに

米国株に少額から投資ができるようになるのは、本当に大きいです。

分散投資を土台にしている僕からしたら、この米国株はかなりでかいです。

 

成長する気がない日本と違って、イノベーションを起こしやすい土壌があるアメリカ。

どちらに投資をするかと聞かれたら、12000%アメリカです。

少額からそんな米国株に投資ができるチャンスが生まれた以上、それを利用しない手はありませんよね~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5