金融、経済のお話

【米国株投資】タートルビーチ【HEAR】という音響関連の株を買い付ける【ぼろ株ウォーズ】

Pocket

どうもさびやんです。

 

今回はまた新たにぼろ株として買い付けた株をご紹介しちゃいます~

その企業の名は、タートルビーチ【HEAR】です!

では早速どうぞ~

タートルビーチって【HEAR】どんな会社なの?

さて、突然買い付けたタートルビーチという企業ですが、具体的にどんな企業なのでしょうか?

ということで、いつもお世話になっているInvesting.comより転載いたします。

タートル・ビーチ(Turtle Beach Corporation)は音響技術会社である。【事業内容】同社はTurtle BeachとHyperSound、この2つのブランド品の開発、商業化及びマーケティングビジネスに従事する。同社は、ビデオゲーム、エンターテイメント・コンソール、ハンドヘルドコンソール、パーソナルコンピュータ、タブレットとモバイル・デバイスなど複数のプラットホームに向け、ヘッドセットソリューションを提供する。同社の製品はアメリカ、北ヨーロッパ、南ヨーロッパ、中東、アフリカ、オーストラリアとアジアなどの地域にて販売する。HyperSound技術はスピーカアレイを使用せずに、特定の位置に方向性のある方法でサウンドを投影し、正確なオーディオゾーンを作成する手段を提供するオーディオソリューションである。

※Investing.comより転載

なるほど、これを読むに音響系の商品を作っているメーカーって所ですね。

アジアって書いているので、もしかして日本でも売ってるのかなぁ…とアマゾンを見てみたら、結構売っていました笑

ヘッドフォンが主流なんですねぇ。

もしかして結構有名なブランドなの?(音響メーカー音痴

結構色々売っているので見てみると面白いですよ!

 

セクター的にはハイテク部門。

上場先はナスダックですね。

タートルビーチ【HEAR】の株を買い付けた理由

そんな音響関係に強いタートルビーチ【HEAR】の株を買い付けた理由は、実は前々から目をつけていました。

そんでここのところ、株価が良い感じに値下がりしたので(それが良いのかどうかは不明)買い付けてみた次第です。

 

てことで、とりあえず日足チャートを見てみましょう。

■ タートルビーチ【HEAR】の日足チャート

※Investing.comより転載

今現在のチャートはこんな感じですね。

んで、見ていただく通り、赤のサポートラインがあると思います。

そのうちの下限のラインのところまで相場が来ていたのに気づきました。

もうちょっと早く気づいておけば…と思いましたが後の祭り。

とはいえ、遅れて入ろうが知ったことではないので、ぶっこんでみたわけです。

 

最近、ぶっこむ、という言葉をよく使います。

欲求不満でしょうか?(どういう意味?

 

今回買い付けた価格は8.8ドル。

買い付け枚数は当然1株です。

タートルビーチ【HEAR】の今後の投資戦略

買い付け価格が8.8ドルということですので、チャート上では安値の位置にあります。

ですから、狙いはこのレンジ相場になっている上限辺りがいいかなぁと思っています。

 

とはいえ、上限が大体12ドルですから、もし仮にそこまで上がったとしたら36%の値上がりになります。

ぶっちゃけそこまで行くことは全然考えていませんから、その手前で利食いしちゃうと思います。

 

買い付け価格から20%値上がりすれば、いつ利食いしてもOKなルールを実は採用しています。

ですので大体10.5ドルを超えてきたらそろそろ決済しようかな~と思いますね。

 

え?むしろ値下がりしてきたらどーするかって?

そりゃもちろん、必殺、見なかったことにする!ですよ(つまり塩漬け

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-, , ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5