金融、経済のお話

【投資戦略】毎月3000円でどんな投資ができるかなを真剣に考えてみることにした

Pocket

どうも、さびやんでございます。

 

さて今回はタイトルの通り、投資資金が毎月3000円しかなかったとき、どんな投資ができるのかを考えてみようと思います。

だいぶふんわりした記事になると思いますが、投資判断のヒントとしてお使いください。

 

それでわはじまりぃぃ~

毎月の投資にかけられるお金が3000円しかなかったときに何ができるか?

先に答えを言ってしまうと、毎月投資に3000円しかかけられなくても、さまざまな証券会社を使いこなせば、なんとかなります

 

毎月の投資にかけられるお金って人によって様々です。

月に15万円も投資に回せる人がいる一方、それこそお父さんがたのお小遣いの関係で、出せても月3000円までという方がいるのも事実です。

 

当然僕も貧乏投資家を名乗っている以上、今まではせいぜい月に5000円出せたのが関の山です笑

 

僕のことはさておき、そんな世の中の極貧生活を送っているお父さんたちが、将来のためにと少ないお小遣いの中から毎月3000円分だけで投資をしたいと思ったら、いったい何ができるでしょうか?

 

なにしろ、捻出できるお小遣いは3000円だけです。

もう制限かかりまくりの現状です。

そこで頑張って考えるのが、エセ投資アドバイザーである僕の力の見せどころですねっ

※エセと言っている所がポイント

 

それではまずはステップ1として、次の事を考えてみようと思います。

ステップ1 どのような投資戦略で投資をしていきたいのかを考える

まず始めに、どのような戦略で投資をしていきたいのかを考えていきましょう。

 

戦略って書くと難しい表現になりますのでもっと簡単に言いますと、

『投資でどうやってお金を稼いでいくか』

ですね~

 

そんな投資戦略、お金を稼ぐ方法には、大きく分けて2つあります。

投資商品の売買を繰り返し、売買益を狙っていく、キャピタルゲイン戦略。

投資商品を保有することで手に入る、配当などの不労所得を積み上げていく、インカムゲイン戦略

これらの2つのどちらか、または両方を使うハイブリッド型でお金を稼いで行けます。

 

現在の僕はこの2つのどちらの戦略を取っているかというと、基本的にインカムゲイン戦略を取っており、それに投資している資金は、全体の8割から9割になっております。

これだけ聞くと、どれだけ働かずにお金を稼ぎたいんんだ!という強いメッセージを伝えているように思えますが笑

まぁ事実なんだからしゃーない。

 

このどちらにも一長一短がありますが、これらはその人の環境などによって変わってくると思います。

ですので、まずは大まかにでもどっちの戦略にしようかなぁ…と考えてみることが大切です。

 

もちろんこの2つの戦略の中にも細かな戦略はありますが、それはいったん脇に置いておきましょう。

ステップ2 自分はどんな投資商品に投資したいかを考えてみる

まず大まかに戦略を決めたとして、次にどんな商品に投資ができるか、またはしていきたいかを考えていきましょう。

今現在、3000円あればとりあえず投資ができる商品群は、僕が思いつく限り&実際にやっているものとして、次のものが挙げられます。

・日本株投資

・海外株投資

・投資信託

・外貨MMF

・FX

ざっとこんな感じ。

 

厳密には投資信託も株の一種だったりしますが、一応載せておきますね。

 

もちろんこの中には、色々な制限はありますが、少なくともこれらの商品には3000円で十分に投資ができます。

ステップ2.5 何に投資したらいいかわからないなら、とりあえず投資信託一択

3000円あったとしても、いったい何に投資して行ったらいいか最初ってわからないと思うんです。

 

そんな、迷子の迷子の子猫ちゃん(オス)に、個人的に一番おススメする商品をご紹介しときます。

 

それはずばり、投資信託です!

 

やっぱり何はともあれ、投資信託を選んでいくのが、投資初心者にとっては一番いい選択肢だと思うんですよね。

それは、投資資金が3000円しかなくてもOK、かつ売買手数料が無料(のモノを選ぶ必要はあるけど)で始められるってのがポイントだからですね。

 

そしてなにより一番のポイントは、投資信託の中身そのものが、多くの株などが内包した商品だってことです。

 

投資信託は、小さなお金を一つの所に集めて大きくした後、そのお金を使って複数の株や債券などに投資するというシステムです。

何に投資するかはその投資信託の運営会社の方針を基にして、彼らが勝手に運用してくれます。

僕らはその投資信託がどういう運営方針なのかを選んで、希望の商品にお金を出すだけです。

 

ですのでめちゃんこらくちんなので、何に投資をしたらいいかわからないなら、投資信託を選んでおけば間違いないでしょう。

ステップ3 投資資金が3000円しかなくても投資ができる証券会社を選ぼう

さて、大まかにどんな商品に投資をしていきたいかを決めたとしましょう。

続いてやることは、実際に売買を行う証券会社を選ぶことです。

 

とはいえ、投資資金が3000円しかないと、できる証券会社はだいぶん制限されます。

そんな3000円しか投資資金が無くても売買できる証券会社を、投資対象商品別にご紹介しましょう。

■ 投資資金3000円で日本株に投資をしたい

投資資金が3000円しかない投資家が選ぶべき証券会社は、【SBIネオモバイル証券】です。

この証券会社を使えば、3000円どころか、何なら500円からでも日本株を買うことができます。

その特徴は、日本株を1株から買うことができるので、それこそ500円以下の銘柄はたくさんあります。

 

基本的に日本株全般を1株から買うことができるので、ちょっとずつ株を買い集めるのにも適しています。

 

このSBIネオモバイル証券については、別な記事で詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。

【日本株投資】投資資金が少額しかなくても日本株投資ができる証券会社をご紹介しようと思う

 

次点で、ワンタップバイ(One Tap Buy)を提供している【スマホ証券】も日本株を買うのにおすすめの証券会社です。

有名な企業に限定されますが、金額指定で1000円から銘柄が買えるので、1株未満だったとしても、1000円分買ったら0.3株買えたとか、そういうことができたりします。

■ 投資資金3000円で海外株に投資をしたい

海外株になるとぐっと敷居が上がる印象があります。

ですが、アメリカの有名な企業限定になりますが、【スマホ証券】のワンタップバイ(One Tap Buy)を通じて投資をすれば、海外株を保有することができます。

上にも書きましたが、ワンタップバイ(One Tap Buy)は1000円から投資ができるうえ、指定した金額分を細かく買い付けることができます。

1株単位ではなく、それこそ1000円分の銘柄を買うので、仮に1万円の株に買い注文をだしたら、0.1株を買うという形になります。

 

このワンタップバイ(One Tap Buy)に関しては別記事で詳しく解説していますので、そちらもご覧ください。

米国株投資のまとめ

■ 投資資金3000円で投資信託に投資をしたい

投資信託は、実は結構色んな証券会社で少額から購入できます。

個人的におすすめするのは次の2つの証券会社。

・SBI証券

・楽天証券

ちなみにマネックス証券はおすすめしません。

あそこの管理画面は死ぬほど使いにくい&見にくいんですよね~

 

ですので、基本的には【SBI証券】【楽天証券】を使うと良いと思います。

 

個人的には、超便利な住信SBIネット銀行と連動しているのと、NISA口座を作っている関係で、SBI証券をおすすめしております。

特に住信SBIネット銀行が死ぬほど便利なので、SBI証券口座を作るついでに、住信SBIネット銀行口座も作っておくと良いと思いますよ!

 

過去にSBI証券について解説した記事がありますので、こちらをご覧くださいね。

【投資信託】投資信託を買うなら○○証券が絶対的におすすめな5つの理由を全力で解説してみる

 

■ 投資資金3000円で外貨MMFに投資をしたい

外貨MMFも、少ない資金しかなくとも、様々証券会社で買い付けることができます。

その中で、他の投資商品とあわせても【SBI証券】の口座を作っておけば、3000円以内で投資を始められますのでオススメでございます。

 

ただし、ちょっと注意する点があります。

SBI証券の場合、外貨建て決済でなければ、3000円以内の資金では投資することができないのです。

外貨建て決済だと10単位通貨以上、円建て決済だと5000円以上が買い付けできる最低ラインです。

 

個人的にはこの辺が少しめんどくさいなーと思う点でもありますね。

 

例えば米ドル建ての外貨MMFを買い付けたい場合は、一度米ドルを10ドル以上買い付けた後、改めて外貨MMFを米ドル建てて買い付けなければいけないんです。

 

ですので手間を省きたい場合は、5000円以上の投資資金を準備していただいて、円建てで買い付ける方法を取るしかありません。

■ 投資資金3000円でFXに投資をしたい

投資資金3000円でも十分FX投資ができる証券会社として、SBIFXトレードがあります。

 

でも、先に言っておきたいです。

高レバレッジでガリガリトレード!というやつでは決してありません笑

 

いや、やってもいいでしょうが、いうて3000円でのトレードになります。

労力のわりに、ただただしんどくなるだけ。

ですので、この3000円を投資するのならば、次のような条件でやることが大切です。

 

つまり

超低レバレッジで、短期的に売買を繰り返す短期トレードではなく、ゆるーくながーく保有していく

こんな投資をする場合には、おすすめします。

 

特におすすめするのは、積立FXサービスを利用した、投資戦略の場合ですね。

 

FXですので外貨に投資する形ですが、毎月指定した金額を、指定した頻度で買い付けられます。

これを利用して、例えばスワップがつくような買い付けの方法も取れるわけですね。

このSBIFXトレードを使った積立FXに関しては、別記事で詳しく書いておりますので、そちらをご覧ください。

SBI FXトレード社が提供している積立FXの特徴をびしっと解説!

おわりに あとは自分なりに組み合わせるだけっ!

さてさて。

これで毎月のお小遣いから3000円しか投資資金が捻出できなくても、さまざまな投資商品に投資ができることが分かったかと思います。

 

こうなってくると、『3000円しかないから投資ができない』ではなく、『3000円でどれに投資しようかな』という話になってきますね。

 

極端な話ですが、ここで大切なのは、まずは投資を始めてみること。

これに尽きると思います。

 

投資対象についても、そもそも3000円という極小額の資金で始めるのですから、自分が気になったものに適当に投資してしまいましょう。

例えば、自分の身の回りのモノから関連付けて初めてみてもいいでしょう。

 

車を持っているなら、そのメーカーの株を買ってみる。

台湾に良くいくなら、台湾関連の投資信託を買ってみるとかですね。

 

少額しか投資資金が無くても、投資を始めることは超簡単にできるんですよ!

さぁさぁ、少額からでも資産運用始めてみましょうじゃあありませんかっ!

 

では今回はこの辺でノシ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5