金融、経済のお話

【日本株投資】投資資金が少額しかなくても日本株投資ができる証券会社をご紹介しようと思う

Pocket

どうも、さびやんでございます。

 

さて今回は、少ない投資資金しかなくても日本株を買う方法について書いていこうと思いますねっ。

投資資金が少なくても、日本株を買う方法とは

投資資金が少ない貧乏投資家でも日本株を買うことができます。

その方法とは、SBIネオモバイル証券を使えばいいんです。



そもそもとして、日本株を買うためには、米国株と違って購入単位がバカ高いです。

基本的には100株単位でしか売買ができず、1株当たりは安くても、100株となるとそれなりに大金が必要になります。

こんなん、貧乏投資家には無理なはなしでござんすよ。

 

じゃあと言って、単元未満株の売買ってのもありますが、これはこれで手数料がバカ高くなります。

ですから、貧乏個人投資家は、日本株には投資すんなよぼけが!と、相場から言われているようなもんです。

 

ところが僕は諦めない男さびやんです。

こちとら資金が少ない。

とはいえ、日本株もちょっとは買っておきたい。

てことで、どーにかなんねーべかなーーと、色々とWEB内を徘徊していました。

 

そこで見つけてきたのが、今回ご紹介しているSBIネオモバイル証券です。

とりあえずSBIネオモバイル証券でできることを見たあと、速攻で口座を開設してしまいました。

貧乏投資家だけど日本株に投資したい人には、このSBIネオモバイル証券はかなりおすすめできる証券会社でございます。

SBIネオモバイル証券のどんなところに惹かれたの?

『あたし、あなたのこんなところに惹かれたの!』

という青春真っただ中の中二病的感じで、僕がSBIネオモバイル証券に惹かれたポイントがあります。

それは次の二つ。

① 1株単位で日本株が売買できる

② 約定代金合計が月50万円までなら、取引手数料が何回取引しても実質月20円ですむ

という点にめちゃくちゃ惹かれたのです。

 

この内容をもう少し詳しく見ていきますね。

① 1株単位で日本株が売買できる

SBIネオモバイル証券は、1株単位で日本株を売買することができます

 

最初に書いた通り、日本株は基本的に100株単位でしか売買できません。

このせいで、一度に何十万といった金額が投資できないと、その株を買うことはできないわけです。

これが貧乏投資家には非常に煩わしいんですよね~

 

例えば僕が大好きなANAの株は、1株4000円くらいします。

んで、最低取引単位はやっぱり100株単位です。

 

とすると、ANAの株を普通に買うには、およそ40万円用意しなければいけません。

 

『ねぇよそんな金!あほかボケっ!』

と、出せるのは文句だけで、そんな大金をたった一つの銘柄には出せません。

 

ましてや、いつくかの株を買ってリスク分散するなんてことは夢のまた夢です。

投資はお金持ちじゃないと始められないいい例がまさにこれですよね。

 

まともに投資をするなら、少なくとも数百万程度からじゃないと始められません。

貧乏投資家は投資をしてはいけないと言われているのと一緒です。

 

ですが、このSBIネオモバイル証券なら1株から買えるので、少ない投資資金でも日本株を買うことができ、かつ、広く分散投資することができるのです。

② 約定代金合計が月50万円までなら、取引手数料が何回取引しても実質月20円ですむ

個人的にでかいと思ったのがこれ。

SBIネオモバイル証券では約定代金の合計が月に50万円までなら、株の売買にかかる取引手数料が、どれあけ取引を繰り返したとしても、実質月20円…つまりほぼタダで株式の売買ができます。

これは本当にでかい。

 

元々は月額220円のサービスなのですが、毎月200ポイントが期間固定Tポイントとしてもらえます。

んで、このTポイントはそのまま株の買い付けに利用することができるので、実質毎月20円で株の売買をできるってわけです。

 

しかも合計約定代金が月50万円以内なら何度でも。

いやはや、革新的過ぎてちょっとびっくりします。

 

貧乏個人投資家の最大のネックは、手数料負けするせいで投資ができない点にあります。

だからこそ、今まではノーチャンスだったのですが、これからの時代はそういった手数料の部分もクリアになっていき、少額からの投資を始めることに大いに役立つと思われます。

おまけその1 Tポイントでも投資ができる…けど、僕には特にメリットはない

このSBIネオモバイル証券では、Tポイントを使ったポイント投資ができるようです。

実際に毎月もらえる期間固定Tポイントが株の買い付けに使うことができます。

こうしてみると、Tポイントの使い道がより幅が広がったんだなぁと痛感します。

 

とはいえです。

実は僕はそんなTポイントを、今の所ただの1ポイントも持っておりません笑

 

つまり、SBIネオモバイル証券が広告で打ち出している『Tポイントで投資ができますよ!』といううたい文句は、僕にとっては『何の成果も得られませんでしたぁぁぁぁあ(某巨人)』状態です笑

 

何しろ、僕のクレカのポイントとかはほぼ全て、ANAマイルと旅のためにあるのですからっ!

これを俗に、マイルの奴隷と言います。

 

ええと、話を元に戻して。

つまりTポイントを貯めている人からしたら、SBIネオモバイル証券を使って投資を始める、いいきっかけになるってわけですね。

とはいえ僕は何にも持っていないので、おまけ程度に書かさせていただきました笑

おまけその2 実は出金手数料が無料だった

SBIネオモバイル証券は、登録の銀行口座へ無料で出金することができます

 

この出金手数料が無料なのは、ものすごくでかいです。

ですが僕はこの事実に対して、最初に気付いておりませんでした笑

ですのでおまけとしてここに書いております(;^_^A

 

どうしても少額で投資をするとなると、いざ出金したいときに出金手数料が高すぎて、おいそれと出金できない場合が出てくると思います。

 

例えば1万円しか投資していなかったとしても、事情により出金したくなったとして、手数料が440円かかります~とか言われてしまったら、もはや上げた利益以上に持っていかれる可能性があります。

 

それが今までの証券会社や銀行との付き合い方でした。

 

けれど、最近はそんな常識が変わり、出金手数料が無料の業者も増えてきています。

このSBIネオモバイル証券もその一つってわけですね。

 

後から知りましたが、めっちゃホリディですはい(死語を臆面もなく平然と使っていくスタイル

おまけその3 実は実は定期的に指定した銘柄を買い付けができるのだ

この話も、僕が口座開設を終わって、いざ銘柄を買い付けたときに気付いた話です。

このSBIネオモバイル証券には、指定した銘柄の定期買い付けができるサービスがついていたんです。

 

これは本当に本当に便利な機能です。

特に、定期的に積立てをしたい、僕の様な超絶めんどくさがりな人間にはもってこいのサービスです。

 

定期買い付けのメリットは今までいろんな場面で書いてきましたが、一番のポイントは時間分散によるリスク分散と、ドルコスト平均法による購入価格の平均化ができる点ですね。

 

それが日本株にも適応できるっていうのがこのサービスのいいところです。

例えば毎月1万円で買えるだけ買うとして、株価が高い時は少ない株数を買って、低い時は多めに買うことにより、高値で大金を投資することなく済むことができるわけです。

 

特に1株から日本株を買えるこのSBIネオモバイル証券の定期買い付けサービスは、そのドルコスト平均法が大いに生きる気がしております。

 

この定期買い付けサービスにより、SBIネオモバイル証券を使えば、完全自動化で指定した株を買い続けることができます

これはつまり、超絶怠け系ニートさびやんの真骨頂が発揮できるってわけです!←???

もはやとんでもなく便利なサービスがついていたってわけですね。

SBIネオモバイル証券の悪いところはどこかあるの?

さてさて。

パーフェクトそうに見えるSBIネオモバイル証券ですが、多少ですが、僕が気になるところはいくつかあります。

その気になるところをざっと思いつく限り書くと以下のような感じ。

・売買は前場の始値と、後場の始値のみ

・売買は日本株のみ

・月に1回も売買しなくても、月額課金は発生する

とはいえ、僕個人としてはこのどれもが大した問題ではないんです。

リアルタイムに買い付けたいほど張り付きたくもないですし、そもそも少額の資金でも日本株を買えるサービスを探していたわけですから、日本株限定だったとしてこれまた全く問題ない。

そして少なくとも毎月定期的に買い付けるつもりだから、売買しない月はなく、期間固定Tポイントの消化も何の問題もなく行えるので、実質月額20円が毎月状態。

 

つまり、デメリットのように見える部分も、僕からしたらどこに問題があるのかさっぱりわからないレベルです。

どちらかというと都合がいいだけですねぇ。

 

もちろんこの問題が気にくわない!て方はいると思います。

そういった方には、SBIネオモバイル証券は合わないんだろうと思うんです。

 

ですが僕としては、これはなかなか良さそうじゃないか!めっちゃ楽できるし、何より日本円で買えるし!と、メリットしかないように見えて仕方がありません。

 

まぁまだちゃんと使っていないから、言えることかもしれませんけどもね笑

おわりに

てことで、いかがだったでしょうか?

毎月のお小遣いが少ないお父さんだったとしても、3000円くらいなら何とか投資資金を捻出できるのではないでしょうか。

そしたら、SBIネオモバイル証券を投資て、ちょっと株を買ってみることだってできるわけです。

ほんと、投資が身近になってきますねー

 

それにしても、大きなお金がないと投資ができない時代から、少ない投資資金しかなくても投資ができる時代になってきたのは、本当に喜ばしいことですね。

投資信託も少ないお金で始められますし、それこそワンタップバイ(One Tap Buy)を使えば、米国株にも超小額から投資することができます。

それにSBIFXトレード社を使えば、レバレッジ1倍で少額から為替取引もできますからね。

 

そういった意味では、僕の中での最後のパズルのピースが、このSBIネオモバイル証券でハマったかなぁと感じている所です。

これを土台にした記事を、また別で書いてみたいなぁって思います。

 

ということで、SBIネオモバイル証券のご紹介でした!

日本株を少額から買ってみたい方、気軽に投資を始めてみたい方には、SBIネオモバイル証券はめっちゃおすすめできそうです。

まずはびしっと口座開設してみてくださいねっ


あ、そうそう、もちろん僕も口座開設はすでに完了していて、日本株も試しに買ってみました。

買い付けたその日本株は、というと…また別な記事で書きますね~笑


追伸

それにしても月3000円からでも一度に複数の株に投資ができて、そして自分なりのポートフォリオが組める時代になってきたとしみじみ感じます。

僕が投資の世界に入り始めた15年以上前には、今の様な様々な便利サービスなんてなかったですからねぇ。

手数料なんかくっそ高かったですしね…

 

そう考えると、今の若い子は恵まれているなぁって本当に痛感しますね~。

 

つか、どうにかして僕と身体入れ替えてくれませんかね?

あ、無理ですかね?そうですか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5