金融、経済のお話

【外貨積立預金】米ドルの外貨積み立てを減額してみた話

Pocket

どうも~さびやんです。

 

今日は、外貨積立預金で買い続けている米ドルを、つい先日減額したことについて書いていきたいと思います!

なんで突然外貨積立預金を減額したの?

なんでまた、このタイミングで外貨積立預金を減額したのかについてですが。

 

その理由を一言でいえば、

 

米ドルに対して、円安水準に来ているから

 

そもそも外貨積立預金を始めた発端は、米国株投資をする際に、米ドルが必要だったからなんです。

 

そこで、住信SBIネット銀行の外貨積立預金を利用して、いざ米国株を買い付ける時に使えるよう、ちまちまと買い集めていました。

自動的に買い付けてくれるのですから、本当に楽ちんです。

 

ところがどうも最近、ドルに対して円が安くなっている、いわゆる円安方向に為替が向かいまくっている感じがするのです。

 

円安に向かえば向かうほど、ドルを積み立てしているうまみは減ってきます。

なにしろ円が安くなっているということは、ドルを買い付ける際にかかる日本円が、今までよりも多く必要になってきますからね。

 

そういう理由から、外貨積立預金にかけている資金を、ちょっと減額してみてもいいんジャマイカ?と思うに至りました。

円安の基準ってなんかあったの?

じゃあどれぐらい円安になったから外貨積立預金を減額したんだ?という疑問もわいてくることでしょう。

 

ということで、その円安基準について説明しますと

 

なんとなく

 

です、はい。

 

 

……

 

 

おっ、なんだその目はっ?このわたくしとやろうって腹か?

 

ええと、…そうなんです、実は減額した理由って割と適当なんです。

チャート分析をしたからとか、経済の流れを読んでとか、そういうのは一切ありません笑

 

ただ一つ言えるのは、最近トンとみていない水準まで円安になっていることから、もしかすると為替相場の流れが変わったんじゃないか?という感覚的な見立てで、今回の外貨積立預金を減額するに至ったことは確かです。

外貨積立預金の金額をどれぐらい減額したのか?

じゃあぶっちゃけ、外貨積立預金をいくらに減額したの?って話になってきます。

 

ま、これに関しては別段報告しなくてもいいんじゃないか、という思いもあったんですが、生き様を晒していくスタイルってことから、あっさり載せていこうと思います。

 

ということで、次のように変更を加えました。

◆外貨積立預金金額の変更詳細

今まで➡毎週水曜日に1150円分の米ドルを買い付け

これから➡毎週水曜日に500円分の米ドルを買い付け

 

もともと年間6万円分の米ドルを買い付ける予定でしたので、それを52週で割った金額が中途半端に見える1150円でした。

 

それを割と適当に、まぁ半額にしとけばいいかな?と考えまして、切りのいい数字で500円にしました。

これを52週分でかけると、27000円ってとこでしょうか。

今後の外貨積立預金の展開について

今後の外貨積立預金の方向性について考えてみました。

 

円安が進んでいることから、今回積立金額を減額しましたが、外貨を買い付ける資金は今までと変わらず積み立てていきます。

ただそれが、米ドルから日本円にシフトしたってだけですね。

 

現状米ドル貯金が大体200ドルぐらいありますので、しばらくはこれで米国株をちょこちょこ買い集めていきたいと思います。

 

逆にまた外貨積立預金を増額するラインは…少なくとも106円台まで落ちてからですかね。

まぁ状況に合わせてフレキシブルに対応します!←結局それ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5