金融、経済のお話

SBI証券の米国株定・ETF期買い付けサービスと最低取引手数料0円の組み合わせは最強じゃないか

Pocket

SBI証券では、米国株・ETF定期買い付けという、時間がないサラリーマン投資家にとっては、絶大な効果を発揮するサービスを行っています。

 

でもそれには最大の弱点がありました…

実は、米国株を買い付ける際の最低手数料がめちゃくちゃ高かった、という点です。

 

けれども、2019年7月22日をもって、米国株での定期買い付けサービスが『使えるサービス』になりました

 

そんな話。

そもそも米国株投資にかかる最低売買手数料がめちゃくちゃ高かった

かかる料金が高いのは、誰だっていやですよね。

 

月々かかるスマホ代が、いまよりもっと安くなってくれないかなぁ。。という気持ちはよーーくわかります。

 

それは米国株投資にも同じことが言えます。

何しろ今までだと、約定代金の0.45%(+税)が取引手数料としてかかります。

 

『なんだ、たったの0.45%(+税)ぽっちじゃん。全然ええやんけー』

 

とお思いでしょうが、そうは豚屋が許しません(ぶたやと書いてとんやと読ませる

 

曲者は、いつも後からやってくる!

実は、最低手数料という輩が一番の問題なのです。

 

最低手数料が、クソ高いんですよ、これ。

なんと、どんなに安い株を買い付けても、最低5ドル(+税)は払ってねというぼったくり価格でした。

 

例えば10ドルの小型株を1株買ったとしても、5ドルよこせってやつらは言うんです。

しかも消費税まで払えって言うんですよね。

 

『おいこらまてまて、少額投資家は投資するなってことかYO!HEY,YO!』

僕の心の声が爆発した瞬間です。(頭も爆発してます

 

お金持ちじゃないと、お金持ちになれない理由の一端が見え隠れしていますね…

SBI証券のNISA口座を使った米国ETF買い付けなら、片道分は無料だけど…

SBI証券のNISA口座を使った米国ETFの場合なら、買い付ける時だけ手数料無料になります。

 

確かに米国ETFでもいいっちゃあ良いんですよ。

いくつかのETFを分散して持てば、それだけでリスク分散になりますからね。

 

けれども、こちとら個別株もやってみたいお年頃なんです!(40代に突入しました…

なんなら小型株を定期的に買い集めて、将来の爆発を期待したいんです。

 

そういう投資家にとって、この最低手数料の高さ加減は、頭湧いてるとしか思えません。

 

いやね、お金がある人だったらいいんですよ?

それこそ、1000万円単位で投資できるひとにとったら、そんな最低手数料なんて、気にするわけありません。

 

5円チョコを1こ買ってよ!と子供にねだられたところで、イラつきませんよね?

だってめちゃくちゃ少額ですもん。無意識で買ってあげますよね。

 

毎月嫁から渡される少ないお小遣いの中で投資をしようとしている人にとっては、米国株を買い付ける時にかかる最低手数料の高さが、ムリゲーを強いているんです。

最低売買手数料撤廃!SBI証券の定期買い付けサービスが【使えるサービス】に変貌

そんななか、やってくれたのがSBI証券、楽天証券、マネックス証券各社です。

 

なんと、2019年7月22日より、米国株を買う時にかかっていた最低売買手数料を撤廃し、純粋に約定代金の0.45%(+税)一本で勝負することにしたそうです。

 

その結果、

SBI証券の米国株・米国ETF定期買い付けサービスが本格的に使えるサービスになる

ということです。

 

今まではその手数料の高さから、米国個別株を定期的に買い付けるサービスには無理がありました。

そのため、ETF買い付け以外には使うことはなかったです。

 

それが今回、最低売買手数料が撤廃されたことで、安い米国個別株でも定期的に買い付けしやすくなったわけです。

 

その結果として、米国個別株を使った資産運用が格段にしやすくなったわけですね~

 

究極的には、資産運用は全自動化を目標としているので、これは本当に使い倒せるサービスになりそうですね。

住信SBIネット銀行と連動しているなら、こんなサービスもあったらいいなぁ

SBI証券は住信SBIネット銀行の連動できるので、SBI証券ユーザーなら、確実に住信SBIネット銀行は作っておきたいところです。

何しろ住信SBIネット銀行とのお金の移動がスムーズですし、特に米国株を買い付ける際に必要な米ドルの買い付け手数料が激安なのもいい。

 

そこで今後希望するサービスとしては、その連動の力を利用して、住信SBIネット銀行にある米ドル(外貨)を定期的にSBI証券に移動させるサービスを作ってほしいです。

 

現状だと、手動で米ドルを動かしているので、若干面倒くさいんですよね。

できるだけ怠けたい投資家(クズ野郎)としては、そこまで出来たら最高なんです。

 

それができたら、いっそ他の証券口座を潰して、SBI証券一本で十分と思えるぐらいの最高のサービスになるんですけども。

ま、まぁ、銘柄数ももっと欲しいですがね笑

おわりに

米国個別株の最低手数料撤廃と、SBI証券の定額買い付けサービスのコンボは最高に使えます。

 

特に

ちまちまと株を買い集めたい人。

配当金を狙って株を積み上げていきたい人。

時間がないけど投資をしたい人。

こういう人達にとっては、今回ご紹介したコンボは本当におすすめです。

ぜひぜひ、お試しくださいな

 

プラスして、本当に楽して資産運用をしたい人は、SBI証券と住信SBIネット銀行をセットで作っておくといいですよぉ!

SBI証券へGO

住信SBIネット銀行へGO

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-, ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5