金融、経済のお話

【積立FX】SBIFXトレードで積み立てていた米ドル円を決済しちゃった理由

Pocket

資産運用において、分散投資はもはや必須の考え方です。

 

僕もまさに分散投資信者として日々活動しているわけですが、実は前々から疑問に思っていたことがありました。

 

それは、

米ドルを外貨積立してるのに、積立FXでドル円を積立している意味ってあるんかいな?

という点です。

 

で、ついに2019年10月1日の昨日、SBIFXトレードと、ついでにSBI証券で積立していたドル円を決済することに至りました。

 

そんな話。

積立FXでドル円を決済したその理由を説明しておく

実は決済した理由はいくつかあります。

簡単にまとめるとこんな感じ。

メモ

・米ドルを外貨積立預金しているので、分散になりにくい

・ドル円のチャートが相場の節目に来ていた

・損益がプラ転した

もう少し詳しく解説しますぬぇ。

米ドルを外貨積立預金しているので、分散になりにくい

上にも書きましたが、僕は住信SBIネット銀行で、米ドルを外貨積立預金しています。

 

ということは、積立FXで買っているドル円と属性がほぼ同じになってしまいます。

これだと、買っている資産は同じになってしまい、分散の意味が無くなります。

 

もちろん、積立FXの場合は、多少レバレッジがかけられるということで、資産効率は良いかと思います。

しかし、わざわざ同じ属性の資産を複数持つ理由はないんじゃないか…と以前から疑問に思っていたので、決済のタイミングを計っていたのです。

ドル円のチャートが相場の節目に来ていた

ドル円のチャートをテクニカル分析してみると、実は相場の節目に来ていることがわかります。

◇ドル円4時間足チャート

チャートを見てみると、こんな感じで、ピンクのラインの所に相場が来ていました。

止まるとしたら、このラインです。

 

レートは108.44ですね。

このことから、高値抜けを考えるよりも、切れるなら切ったほうが良いレートに来ていたってことです。

損益がプラ転した

記事内にある通り、SBIFXトレードと、SBI証券でドル円を積立てていました。

 

それがこの度、スワップ込みではありますが、損益がプラスになってきたのです。

そこで、上に書いた理由などの関係から、決済することにしました。

 

ちなみに成績的には、

 

SBIFXトレードで投資資金3150円程度で+14円。

SBI証券では以前決済した南アフリカランド円の分も合算すると、7000円投資で+43円。

合計で10150円で+57円となりました。

 

利回り+0.56%っていうクソ運用ですが何か?笑

 

いやまぁ、ドル円は精々年2%らしいんで、為替変動も考えたら、まぁこんなもんかなぁって思っていますけどもね。

積立FXの今後を考えていく

ウマい事逃げられたドル円のスワップ狙いでしたが、積立FX自体は続けていきます。

 

今持っているのが南アフリカランド円と、トルコリラ円の2通貨。

このうち、南アフリカランド円も実は消し去りたい通貨であります笑

 

本当はSBI証券で決済した時のタイミングで、これもやっておくべきだったんですけどねぇ。

 

理由としては、リスクに対して、リターンが少ないことですね。

ぶっちゃけ、ドル円の積立とおんなじ程度しかスワップがもらえませんでした。

や、もちろんドル円はレバレッジ2倍で運用していたのもあるんですけどね。

 

であれば、どこかでうまい事逃げ出して、トルコリラ一本にしてしまおうかと思っています。

また別な通貨を追加するかもしれませんけどね…

 

それとドル円についてですが。

 

現在結構円安の位置にいます。

まぁ円安の定義って難しいですけども…

 

理想としてはもっと大きく円高が進んだ時に、金利差がまだある程度ある場合、再開しようと思っています。

出来れば100円ぐらいまで落ちてくれたらいいなぁ…と思っていますね。

その辺はまたその時になったら考えようと思います。

 

おわりっ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-金融、経済のお話
-, ,

© 2021 さびラボ Powered by AFFINGER5